グレイブ ギルバート

人生どこへでも行けるっていう証明のために映画ってのはあるんだよなあ。

グレイブ ギルバート

ボビー・マクバーニー 演 - 、日本語吹替 - ギルバートの友人。

グレイブ ギルバート

観終わってディカプリオは天才だと確信した。 知的障害がある少年で、作中で18歳を迎える。

7
グレイブ ギルバート

物語の中で、近隣の町に大型スーパーが出来たり、寂れた町に全国チェーンのハンバーガーショップがやってきたり、ずっと変わらないように見えた町にも少しづつ変化が現れていくる。 家族の愛情や絆、そして主人公の爽やかな恋を 温かい視線で描いた『ギルバート・グレイブ』 観た後はきっと温かさに心が満たされる事でしょう。

4
グレイブ ギルバート

もちろん今日買ったペンたちは持ち手も配慮しております。

3
グレイブ ギルバート

新たな人生に向かって。 何箇所か見たんだけどいつもの場所に行ってみると、無駄なパスポートの写真とかが付かないでさらに6枚。

9
グレイブ ギルバート

ラストはハッピーに幕を閉じるが希望はあるのかギルバートのこの先の人生は明るく導かれるのか。 5月発売ってことは買ってないんじゃないかな。 ネタバレ! クリックして本文を読む 知的障害の弟アーニーと 夫の自殺以来家から出ない過食で巨体の母の世話に日々追われるギルバート 現代と違って預け先もなく始終目が離せないアーニー と今で言うなら毒親にもなりうる、自分はソファーから動かないのに全ての世話を子供にまかせる母親 2人を心から愛して面倒をみるギルバート だがふらりと現れたトレーラーで旅するベッキーとの交流の中で、家族の世話に縛られた自分の毎日に疑問をもち爆発してしまう。

グレイブ ギルバート

あらすじ(ネタバレなし) アイオワ州の小さな町から生まれてから一度も出たことがないギルバートには、重い知的障害を持つ弟アーニー、夫の自殺から7年間も家から出たことがない肥満で過食症の母、そして2人の姉妹がおり、食料品店で働きながら家族の面倒を見ていた。 世界でいちばん愛する息子のため、キャリアも捨て、子育てに人生を捧げてきた元グラフィックデザイナーの父。 シャーペンもボールペンも何個か出てきた・・。

11
グレイブ ギルバート

いろいろあって…、 母が亡くなります。 閑話休題 ベッキーに惹かれるギルバートは、徐々にアーニーを疎ましく思うことが多くなる。

9