Question: 給餌チューブを持つ人の平均寿命は何ですか?

チューブの供給は、生存維持症の生存、機能的状態、または誤嚥性の危険性の観点から、医療上の利点が限られていますが、生存率は根本的な診断によって異なります。経皮摂食チューブを受ける患者は、30日~24%の30日~24%、そして1年~63%の死亡リスクである。

なぜ摂食チューブが悪いのか?

給餌チューブは、実際に必要な患者よりも多くの流体および栄養を供給することができる。これは浮腫を維持することができ、そこでは肺を含み、肺を含み、かつ呼吸を困難にすることができます。

の摂食原因死亡?

腸管送りは大きな役割を果たしています批判的に病気の患者の世話、そして恒久的な摂取、慢性的な神経学的または機械的嚥下障害または腸管障害、機械的、胃腸、感染性および代謝的合併症を持つ人々の世話は、深刻な状況や死をもたらします。

あなたは摂食チューブで永遠に生きることができますか?

Contact us

Find us at the office

Kozel- Orvik street no. 72, 44881 Papeete, French Polynesia

Give us a ring

Stevie Salse
+47 281 192 473
Mon - Fri, 9:00-17:00

Reach out