品詞 芥川 伊勢 分解 物語

」とあの人が尋ねたときに、「あれは露ですよ。 例:「舟」の縁語は「漕ぐ」「沖」「海」「釣」など この和歌では、「露」の縁語として「消え」が用いられている。

品詞 芥川 伊勢 分解 物語

「女はらから」の「紫の/色濃き時は/めもはるに/野なる草木ぞ/わかれざりける」と同じ心境が語られていることが分かりますね。 女で自分のものに出来そうもなかった(高貴な身分の)女を、 年 =名詞 を =格助詞 経(へ) =ハ行下二段動詞「経(ふ)」の連用形、(時間が)経つ、過ぎる て =接続助詞 よばひわたり =ラ行四段動詞「よばひわたる」の連用形、求婚し続ける。

10
品詞 芥川 伊勢 分解 物語

率(ゐ)=ワ行上一動詞「率(ゐ)る」の連用形。 身分の低い夫を持った方は、年の瀬に夫の上衣を洗って、自分で仕立てた。

品詞 芥川 伊勢 分解 物語

。 むかし、をとこありけり。 「と なむ男に問ひ ける。

17
品詞 芥川 伊勢 分解 物語

足ずり=名詞、(怒りや悲しみで)じだんだを踏むこと ども=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 女、返し、 女の返歌、 くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ 比べ合ってきた振り分け髪も肩を過ぎてしまいました。

1
品詞 芥川 伊勢 分解 物語

」と男に尋ねた。 6 歌の技法は。 けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形。

6