内裏様 お雛様 お と

ひな人形を選ばれるときは、特に 「お雛様の衣裳」に注目してください。 この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

5
内裏様 お雛様 お と

そして持ち物にも それぞれ名前や意味があります。

内裏様 お雛様 お と

まずは、そこのところをはっきりさせておきましょう。 でも、十二単というのは俗称で、正式名は 「五衣唐衣裳 いつつぎぬからぎぬも 」と呼ばれるものなのです。

6
内裏様 お雛様 お と

天皇だけが身につけられるものを 「立纓」と言います。 這子も天児と同じような目的で幼児の枕元に置かれるものです。

20
内裏様 お雛様 お と

特別供養護摩を焚きます。

2
内裏様 お雛様 お と

左大臣ではなく近衛中将、右大臣ではなく近衛少将という説もあるようです。 ちなみに飾り物の「、」での桜は天皇の左側になり、これは宮中のの敷地に実際に植えてある樹木の並びでもある。

9
内裏様 お雛様 お と

ところが、この左右は昔は反対でした。

16
内裏様 お雛様 お と

現代でもそうですが、 伝統的な行事や儀式って、 なんやかんやと細かいルールがあって 大変ですよね。

3
内裏様 お雛様 お と

「五衣 いつつぎぬ 」というのは、表衣(うわぎ)・打衣(うちぎぬ)・袿(うちき)・単衣(ひとえぎぬ)・袴 はかま のことです。 彼らは庶民出身の雑用係です。 あとは、紫の紐と3本の簪(かんざし)で髪を止めて、額櫛 ひたいぐし をつけて髪を後ろに流しています。

14