優し さ 風 歌詞 藤井

ということで聴いてみました。 かなり抽象的な表現になってしまいますが、 それは「本当の自分」、 エゴや感情に支配されることのないありのままの存在ということです。 目を閉じてみて 心の耳をすまして 優しい気持ちで 答えを聴いて もう歌わせないで 裏切りのブルース これまで 自分の言葉に耳を傾けてくれなかったことの悲しさを、心から嘆いています。

優し さ 風 歌詞 藤井

だからこそ未来のない状況で 「怖くはない」「失うものなどない」とあり『なぜなら最初から何も持っていなかったから』と現状を肯定するフレーズが綴られていく。

9
優し さ 風 歌詞 藤井

藤井風はこの曲を「人生における全ての重荷の放棄」「人生のあらゆる執着からの開放」を歌った曲と表現しています。

優し さ 風 歌詞 藤井

ただいくら探しても『優しさ』が『やさしくなりたい』のオマージュであることや、藤井風と斉藤和義の関係性を示す情報は見つけることができませんでした。 2曲の解釈を照らし合わせる ここで2楽曲を重ねてみましょう。 何かと上手くいくと一人で全てを成し遂げたような感覚になってしまう、調子に乗ってしまいたくなる人間模様を描いた楽曲。

4
優し さ 風 歌詞 藤井

途中でやめたくなったら自害するしかなく、修行者は死装束をきて首吊り用の紐と切腹するための短剣と、遺体が発見されたときの処理費用の10万円を持って臨む。

8
優し さ 風 歌詞 藤井

ラジオでお悩み相談ってありますよね。 その時に彼はちゃんと悩みを最後まで親身になって聞き、他人事ではなく自分も同じ立場に立って、「わしならこうするかな」という風に助言しているのを聞いて 「 なんて愛に溢れた人なんだろう・・・」 と思ったのを覚えています。 すると、もしかしたらこれは「あなた」の死後に書かれた曲なのではないかと思いました。

3
優し さ 風 歌詞 藤井

(I am a new fan who instantly fell in love with his music. 「 優しいお笑い」ではないでしょうか? この笑いを大切にする彼のパーソナリティは一種の「愛」なのだと思います。

20