例文 あげつらう

「隻」にも「一隻」「隻眼」などの熟語があるように、 「一つの・わずかな」という意味があります。

16
例文 あげつらう

この意味で用いられる熟語には、「会議」「閣議」などがあります。 辰人はいまや冷たい骸となっているのだから。 どんな状況であれ、自分より立場の弱い人間に精神的な苦痛を与えて満足する行為は、すべてモラハラに関連します。

例文 あげつらう

上下関係を利用して酒を強要すれば、パワハラと受け止められたり、性的な話題を出したり抱きついたりすれば、セクハラになったりもします。 以上、4つの類語を紹介しました。

例文 あげつらう

雪原のただなかに投げこまれてなおも生きのびたいと望み、その決意を固めた青年たちの行為はギリギリの当為であり、苦闘であったので、誰一人としてこれをあげつらうことはできるまい。 「痛烈批判」の意味 「痛烈批判」とは、とても激しく責めながら、間違っている、悪いといった風にあげつらうことを言います。

12
例文 あげつらう

「パワハラ」という言葉は上司から部下へ、というイメージが強いのですが、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。

13
例文 あげつらう

日常の業務中に男性の上司が部下の肩をポンとたたく行為など、上司としてはコミュニケーションのつもりの何気ない行為でも、抵抗感を感じる相手もいます。

19
例文 あげつらう

「痛烈批判」も相手からすれば 「罵倒されている」と感じることでしょう。 「悩んだ結果」 いっしょうけんめい勉強したした末に、東京大学に合格した。

13