話 呪術 廻 ネタバレ 138 戦

とありました。 直哉は真希が男を立てずに、自ら禪院家の当主を目指す姿勢に嫌悪感を抱いていたのです。 ですが、虎杖お得意の「存在しない記憶」を見たことと虎杖の死を感じたことで虎杖を弟だと確信したようです。

16
話 呪術 廻 ネタバレ 138 戦

なぜなら彼は脹相の弟を殺しているのです。 直哉は真希と真依を比較し、男を立てられない真希はダメだと話します。 黒閃を喰らった箇所以外は平気で、 ケガの治りが早いのは宿儺の力が大きくなっている影響だと。

話 呪術 廻 ネタバレ 138 戦

君はどうする? 九十九が「すまない、あの時迷った」「ここまで事態が進んでしまったのであれば、一度泳がせて様子を見るべきなのではと」「気づいたかな、私は君達の味方というわけではないんだ」「ただ、世界からをなくしただけのしがない美女さ」「お詫びと言ってはなんだが、あの場にいた子達は私と私の仲間が責任を持って送り届けるよ」「私もいい加減、天元と向き合わないとね」「君はどうする?」と呟いていく。

18
話 呪術 廻 ネタバレ 138 戦

10月31日の渋谷に呼ばれた五条が特級呪霊 漏瑚、花御、脹相 と激烈な戦いが描かれています。 脹相の返事を聞いた虎杖は立ち上がり、呪霊の数を少しでも減らすために二人で外に向かうのだった。 伏黒は東京で虎杖捜索の任に当たっていると付き人から聞いた直哉は、自分が虎杖を殺すと言い出します。

10
話 呪術 廻 ネタバレ 138 戦

そこへ遺言状を預かるフルダテなる老人が登場し、 禪院直毘人の死を伝える。 そこで 「自分はクソだったけどせめて自分の息子は術式、家庭に恵まれて幸せになって欲しい」 という願いを込めて「恵」という名前を付けたんでしょう。

20
話 呪術 廻 ネタバレ 138 戦

となると、次に覚醒するのは釘崎ではないでしょうか? 虎杖は渋谷事変でメキメキとその実力をあげていますし、伏黒もついに奥の手・八握剣異戒神将魔虚羅を召喚しました。 扇の娘の真希・真依は論外。 扇は直哉に遅いぞと言います。

2