に そく き

大意を書くまでもないが、それ以上に、大意では全く伝わらない種類の短歌独特の「かそけさ」の表現がここにはある。

15
に そく き

この呼び名もだいぶ浸透してきましたかね。 … 南原幹雄『付き馬屋おえん暗闇始末』 より引用• ブログ記事がわかりやすく、非常にためになります。

9
に そく き

有用な情報を発信してくれる人は欠かさずフォローするか、リスト等にまとめておきましょう。 とりあえずフォローしときましょ。 調べてみると「発(はっ)」と読む言葉の数はかなり多く、「発(ほっ)」と読まれている言葉の数は少なかったです。

14
に そく き

本当はもっと多くの方からーについて学ばせていただいているのですが、 10人に絞るとなるとなかなか厳しいですね。 闇天羽々斬さん 古戦場前でこれ関連のマシュマロが多かったので に投稿しました 古戦場に向けた闇武器のあれこれやと妥協先 - ルシファーのオタク— 闇天羽々斬 JittediUmezawa 通称うめざわとしろーさん。

12
に そく き

子供のしつけに気を配る家庭でよくしつけられ、幼女時代からの足の痛みも乗り越えてきたからです。

2
に そく き

僕もその小説は余程まえにいちど読んだことがあって、あのかそけきロマンチシズムは、永く僕の心をとらえ離さなかったものであるが、けれどもあのなかのあまりにもよろずに 綺麗 きれいすぎる主人公にモデルがあったとは知らなかったのである。 下腿の負荷の膝への戻り(階段昇降で約270キロの圧力)。

13
に そく き

カテゴリー• 文章もユニークで面白いですよね。 … 太宰治『彼は昔の彼ならず』 より引用• 美しい靴、巻かれた包帯を取った時の小さな足は奇形としか言いようがなく、目をそむけたくなる醜悪さです。

9