かい はるき

和真(かずま) 一真(かずま) 憲真(けんしん) 壮馬(そうま) 斗真(とうま) 健斗(けんと) 雷人(らいと) 克己(かつみ) 夕晴(ゆうせい) 千隼(ちはや) 大獅(たいし) 万尋(まひろ) 昂生(こうせい) 煌良(あきら) 佑瑚(ゆうご) 皇幹(こうき) 智祐(ちひろ) 雄翔(ゆうと) 満紘(まひろ) 惟成(ただなり) 豹牙(ひょうが) 研心(けんしん) 琢磨(たくま) 士浪(しろう) 怜央(れお) 凌悟(りょうご) 竜紀(たつき) 流架(るか) 遥馬(はるま) 泰生(たいせい) 秦弥(しんや) 将騎(まさき) 栄純(えいじゅん) 考希(こうき) 賢剛(けんごう) 安悟(あんご) 瑞起(みずき) 玲司(れいじ) 律基(りつき) 勇輝(ゆうき) 大弥(だいや) 疾風(はやて) 魁星(かいせい) 俊輔(しゅんすけ) 武虎(たけとら) 宙翔(ひろと) 昊明(こうめい) 岳登(がくと) 雄迅(ゆうじん) 蒼羽(あおば) 矢真人(やまと) 力空也(りくや) 伊久磨(いくま) 桜士朗(おうしろう) 真沙巳(まさみ) 辰之進(たつのしん) 雪之丞(ゆきのじょう) 漣之介(れんのすけ) 万紗斗(まさと) 希与人(きよと) 日向牙(ひゅうが) 心一郎(しんいちろう) 太久翔(たくと) 斗樹央(ときお) 明日磨(あすま) 友希斗(ゆきと) 比呂輝(ひろき) 可夢偉(かむい) 多果志(たかし) 加寿也(かずや) 功志郎(こうしろう) 生世広(きよひろ) 沙都史(さとし) 斗士正(としまさ) 未来彦(みきひこ) 由宇人(ゆうと) 羽留紀(はるき) 壮太朗(そうたろう) 早樹矢(さきや) 多加志(たかし) 帆玖斗(ほくと) 有以磨(ゆいま) 嘉伊人(かいと) 亜由夢(あゆむ) 日々希(ひびき) 佐久馬(さくま) 勇汰朗(ゆうたろう) 伊吹季(いぶき) 蓮乃佑(れんのすけ) 英斗史(ひでとし). キャラクターデザイン・特殊メイク:百武朋• アーモンドチョコレート 大人気のチョコレート菓子「アーモンドチョコレート」。 令和の年号の影響も表れていません。

2
かい はるき

三十路の女性です。

20
かい はるき

蓮を連れて保育園に行った尚美は、同僚の中年女性・小松洋子に咎められます。 すんごい。

10
かい はるき

まあ、息子さんが(親が名乗ってやれるのはせいぜい5,6年です) 1000人に会えば、数人くらいはその読みを知っている人がいるかも しれませんが、残りの人たちに対しては「はるきです」と訂正する 手間をプレゼントするわけです。 会話の途中に幼女・希美を店先に見つけた近藤は、驚いて硬直しました。

3
かい はるき

絵本作家として、自分の力で道を切り開いている所が凄いですし、行動力が凄いなと思います。

13
かい はるき

名前に使えるようになってからは、『翔』『翔平』『翔吾』『翔太』『翔也』『翔真』『翔馬』などの名前が大流行し、平成半ばごろからは『大翔(ひろと)』『海翔(かいと)』『陽翔(はると)』などのように、下側に使って「と」と読ませる名も増えました。 短針が逃げきっちゃう。 母親の柴田絵理奈が、泣きじゃくる小学生くらいの娘・瑠奈を叱ります。