忠一 南雲

第一航空艦隊は作戦ごとに護衛艦艇を他の艦隊から借りて機動部隊を編成しており、部隊が艦隊として建制化されておらず、臨時編成であったことから部隊としての思想統一や訓練に関して南雲は苦しんで建制化を求め、連合艦隊も軍令部もその必要は認めていたが、ミッドウェー海戦の敗北後のまで実現しなかった。 769 航空母艦定員表 其ノ四 蒼龍、士官53人、特務士官29人、准士官43人、下士官285人、兵691人。

15
忠一 南雲

この予令が実在したとすると、第一次攻撃隊の発進直後に、敵艦隊に備えて艦上待機を命じられていた第二次攻撃隊をミッドウェー基地攻撃に向けると各艦に信号した事、第四編制では上空警戒機は各空母3機ずつと少なくなる事から、南雲司令部の作戦計画はミッドウェー基地への奇襲が成立するという判断があったという意見もある。

忠一 南雲

戦後明らかになった米軍側の情報などは敢えて訂正していないと言う p. 一航艦司令部の幕僚は、南雲以下全員で自決すべきと先任参謀・が代表して上申したが、草鹿参謀長はそれを却下し、南雲に対しても説得してなだめた。 日本海軍は空母3隻・戦艦1隻・巡洋艦2隻・駆逐艦1隻を撃沈したと誤認し、を行った。

19
忠一 南雲

4月22日、飛龍は佐世保に帰港した。

14
忠一 南雲

1,真珠湾の第三次攻撃 2. 南雲は、 「サイパン全島の皇軍将兵に告ぐ、米鬼進攻を企画してより茲に二旬余、在島の皇軍陸海軍の将兵及び軍属は、克く協力一致善戦敢闘随所に皇軍の面目を発揮し、負託の任を完遂せしことを期せり、然るに天の時を得ず、地の利を占むる能はず、人の和を以って今日に及び、今や戦ふに資材なく、攻むるに砲熕悉く破壊し、戦友相次いで斃る、無念、七生報国を誓ふに、而も敵の暴虐なる進攻依然たり、サイパンの一角を占有すと雖も、徒に熾烈なる砲爆撃下に散華するに過ぎず、今や、止まるも死、進むも死、死生命あり、須く其の時を得て、帝国男児の真骨頂を発揮するを要す、余は残留諸子と共に、断乎進んで米鬼に一撃を加へ、太平洋の防波堤となりてサイパン島に骨を埋めんとす。 43頁• そういいながらも、太平洋戦争(大東亜戦争)の前半期において、短期間でありましたが連合国海軍を駆逐した南雲指揮下の機動部隊は最強であったと評価しても良いでしょう。

10
忠一 南雲

、ほか『証言・ミッドウェー海戦 私は炎の海で戦い生還した!』光人社NF文庫、1999年。 12月3日 - 駆逐艦「」乗組• また同日附で、竹中(飛龍艦長)は司令へ転任。 (昭和16年) -• 1月12日、日本を出撃し、に向かった。

16
忠一 南雲

とても優秀な提督とは思えません。 中島親孝『聯合艦隊作戦室から見た太平洋戦争』113頁• 戦史叢書10巻 ハワイ作戦 343-344頁• 空母としては異色の左舷中央に艦橋を配置した様子がよくわかる。

7
忠一 南雲

この信号をそれとなく催促したものとする意見もある。 連合艦隊長官大将は、南雲と草鹿のミッドウェー海戦における責任を追及せず、復仇の機会を与えるとして、一航艦の後継となる空母部隊である第三艦隊の長官と参謀長に、それぞれ南雲と草鹿を就任させるように取り計らった。

5