光司 貴乃花

出馬を見送れば役員待遇に留まれたが、これまで4度の選挙で一門外の支持を得て当選した実績がある貴乃花が出馬を見送れば定員10人の立候補で理事選が無投票となる見通しであった。 一方で貴乃花光司さんの所属事務所は取材に対して、 「完全に事実無根です。

12
光司 貴乃花

バラエティトーク番組で優一氏本人が明かしたところによると、出会いは靴職人として女性向けに開いた靴のセミナーで、セミナー後の食事会でちょうど隣の席に座ったのが縁だという。 父・貴乃花(花田光司)のアルコール依存と暴力を息子・花田優一氏が告発したが、貴乃花はこれを否定し、逆に優一氏の女癖の悪さを指摘した。 優勝した千秋楽の翌日、父の勧めで若貴フィーバーで骨休めにならない国内を離れ、サイパンへ出掛けている。

19
光司 貴乃花

当時まだ24歳という年齢で、幕内優勝15回という実績や、ほとんど隙のない当時の取り口から考えると、大鵬や千代の富士の優勝回数の突破は、時間の問題とさえ言われていた。 「今日はワイドショーでひどい内容放送するらしいから気をつけて 再三お伝えするがメディアを信じちゃダメだよ」と訴えた。

光司 貴乃花

平年寄へ降格 [ ] 年寄衆からの批判 [ ] こういった経緯から、日本相撲協会の役員以外で構成する年寄会が貴乃花に3月場所千秋楽3日後のの臨時年寄総会への出席を求めた。 このようなことが続き、常に息子をかばう母・河野景子さんとの衝突も増えていったそうです。

12
光司 貴乃花

貴乃花は同日に行われた不祥事再発防止の研修会を欠席 、3月9日の相撲協会の理事会と年寄総会も欠席。

10
光司 貴乃花

4月より、でに就任。 『週刊女性』は河野景子さんにも、貴乃花光司さんによるモラハラやDVに当たる行為について話を聞いたところ、 「正直、この件については何もお答えしたくない思いです。 相撲の指導はあなたでいいのにね」と話していた事実はあったという。

光司 貴乃花

幕下優勝:16歳9か月(1989年5月場所) 十両昇進:17歳2か月(1989年11月場所) 幕内昇進:17歳8か月(1990年5月場所) 幕内勝ち越し:18歳3か月(1990年11月場所) 中日勝ち越し:18歳7か月(1991年3月場所) 横綱初挑戦:18歳7か月(1991年3月場所) 三 賞:18歳7か月(1991年3月場所) 金 星:18歳9か月(1991年5月場所) 小結昇進:18歳10か月(1991年7月場所) 関脇昇進:19歳0か月(1991年9月場所) 幕内優勝:19歳5か月(1992年1月場所) 年間最多勝:20歳3か月(1992年11月場所) 千秋楽結びの一番:20歳5か月(1993年1月場所) 大関昇進:20歳5か月(1993年3月場所) 優勝決定戦:20歳11か月(1993年7月場所) 全勝優勝:22歳1か月(1994年9月場所) 連続全勝優勝:22歳3か月(1994年9月場所から1994年11月場所) 貴乃花光司の子供たち 貴乃花光司さんには河野景子さんとの間に3人のお子さんがいます。 ドラマ [3月1日 10:23]• 千秋楽では若乃花が武双山に敗れ、自身も武蔵丸の注文相撲に屈したため12勝3敗同士の史上初の兄弟優勝決定戦が実現。

13
光司 貴乃花

しかしながら、右膝の故障は見た目以上に重症で、この後7場所連続全休で治療に努めたものの十分に回復せず、結果的にこの優勝が貴乃花最後の優勝となった。