あか ハイキュー ぼく

常に部内のでチームメイトに適切なフォローをする他、自身が追い込まれた時でもハイテンションを保ち、チームの危機を救うスパイクを幾度となく決める不屈のメンタルの持ち主。 繋心にも「才能に胡座をかかず、容赦なくストイック」と評価されている。 表情の変化に乏しくやや口下手な面があるが、谷地の入部後は笑顔を見せるようになった。

15
あか ハイキュー ぼく

西谷 夕(にしのや ゆう) 2年生のL(リベロ)で県内1・2を争う実力の選手で、「烏野の守護神」と呼ばれています。 ルールやプレイの説明はバレーに興味がない人にも読みやすいように、物語に組み込むようにしている。 菅原 孝支(すがわら こうし) CV. いや、それより、 「…っ!木兎さん、膝…、危ないです、からっ」 この体勢だと、アタッカーにとって命とも言える膝に負担がかかってしまう。

10
あか ハイキュー ぼく

制作背景 中学、高校時代に部のミドルブロッカーだった古館は 、連載前からバレーボールを題材にした作品を描くという目標を持っていた。

18
あか ハイキュー ぼく

練習や練習試合中に、手を抜くスタイルの国見をよく叱責している。

11
あか ハイキュー ぼく

烏野バレー部で一番の長身。

あか ハイキュー ぼく

ヒロアカネタバレ最新話293話考察|デクはこのまま他の歴代後継者の個性も覚醒させる? 死柄木の体に異変が起こったその時、デクの体にも異変が起きました。 チームのムードメーカーであり、チームメイトに適切な指示をしたり、自身が追い込まれた時でもスパイクを決めるメンタルは無くてはならない存在。 つまり赤葦京治は、チームが勝つためには木兎を上手に扱う必要があると理解しており、そのために出来得る限りのことをしています。

あか ハイキュー ぼく

背番号は8。 掴みどころのないときもあるが、高校生らしい面をみせることもあります。 宮城県1年選抜強化合宿メンバー。

5